住まいの杜

完成見学会とお引き渡し

山手台の限定企画
「杜の家」完成見学会。
杜の家
告知は遅く、しかもGW中!
にも関わらず大勢の皆様にご来場いただき
誠に有り難うございました。
そんな杜の家のクライアント様へ
本日引き渡しを終えました。
いままではクライアント様と設計という
業務を通してのお付き合いでしたが、
今日からは親戚のような本当の意味での
長いおつきあいがスタート。
至らなかった点やお住まい頂く中でのいろいろな発見がおありだと思います。
お引き渡し以降も忌憚なく設計に対する住まい手のご意見をいただくべく
メンテナンスとか
是非見学したい!と希望される将来のクライアント様をお連れして
ご訪問いたします!
担当させていただいたスタッフ一同。
お会いする機会が少し少なくなり
寂しいですが
未来のクライアント様をお連れしていろいろと
家づくりの先輩としてアドバイスをいただくとともに
そして何よりも
我々との「親戚」(みたいな)付き合いとして
足繁くお伺いいたします。
おめでとうございます。
そして
益々のご多幸を祈念しつつ
今後とも宜しくおつきあいくださいませ。
2016.05.08/NEWS & BLOG

杜の家 見学

杜の家1

住まいの杜のローコスト規格型住宅「杜の家」の完成見学会に行ってきました。

宝塚山手台の敷地は眺望が広がるロケーションです。写真は1階の玄関ホールですが(ピアノルームになるそうです)玄関入った瞬間、眼前に景色が広がります。2階では特に開放的な景色が楽しめます。敷地のポテンシャルを120%活かしたイカシタすごく気持ちのいい家です。

設計者は、敷地のポテンシャルを読み解き、そのロケーションを活かした計画をする事が仕事であると思っています。街中には、そこに合った家のカタチがあるでしょうし郊外には、そのロケーションを活かした家のカタチがあります。

ローコストであってもその設計力でこんなに楽しい家ができる。。。

 

2016.05.08/NEWS & BLOG

「杜の家」完成見学会のお知らせ

この度、宝塚市山手台東にて工事を進めておりました住まいの杜による

規格型住宅「杜の家」が完成いたします。

お客様のご好意により完成見学会を行うことになりました。

GWの連休中ではございますが実際に、見て触れて、私たちのご提案いたします「より良い住まい」を多くの方へ体感していただきたく思います。

ご予約は不要でございます。

皆々様のお越しをお待ちしております。

開催日時:5月3日(火)4日(水)10:00〜16:00

場所:詳しい場所につきましては事前に無双建築研究所へメールまたはお電話にてお問い合わせください。

杜の家 完成見学会のお知らせ

2016.04.21/NEWS & BLOG

住宅見学

住宅見学

先日、住まいの杜のメンバーである沖さんの師匠の住宅作品を見学させていただく機会に恵まれました。大阪市内に立地するその住宅は、打ち放しコンクリートの大きな邸宅でした。

外部には大きな開口部を設けず、内部に大きく開く計画の住宅なのですが、その外部空間の気持ちよさは格別でした。駐車場も十分な広さがあり、緑も十分に楽しめる。。。こんな空間構成もあるなぁ。。。という感想です。

写真は内部なのですが、壁はキレイに塗装仕上で家具や収納ははすべて造り付けだそうです。ブラックチェリーの木質と壁の白色がきれいなコントラストを構成されており、隅々までデザインが行き届いた(大先輩に対して失礼ですが。。。)いい空間でした。聞けば家具屋さんと塗装屋さんと建具屋さんは指定の業者さんだそうです。

同い年の沖さんと言ってたのですが、「刺激受けるなぁ〜。。。でもその刺激すぐ忘れちゃうんですよねぇ〜。。。」

・・・アカンやん!

2016.04.18/NEWS & BLOG

熊本地震

このたびの熊本県、大分県を震源とする地震により被災されたみなさま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

1995年阪神淡路大震災、2004年新潟県中越地震、2011年東日本大震災、2016年熊本地震。阪神淡路大震災では、高速道路が倒れ、ビルが倒壊し、木造の家屋がへしゃげて燃え、神戸が炎に包まれる光景を見た。東日本大震災では、町が、人が、車が津波に飲み込まれ、原発が爆発し核のメルトダウンを見た。今回の熊本地震では、山が崩れ家や道路がのみ込まれ、橋が落ちる光景を見た。

当然の事なのですが、どこで地震が発生するかでその被害の現れ方が違ってきます。都市部ではダイレクトに、海部では津波というものに形を変え、山間部では土砂崩れとしてわれわれの生活を脅かします。

そう遠くない未来に東南海地震が関西を襲うと言われています。われわれ設計者は、家を計画する際、耐震の事や光の取り込み方や快適に暮らすにはなどを考えて設計します。でも、こういう事があるとわれわれ設計者の仕事は、クライアントとその家族もっと広くは社会全体の生命と財産を守る事であると改めて感じます。

2016.04.17/NEWS & BLOG

杜の家お披露目会

昨年度から始動しました

住まいの杜がお届けいたします、

「杜の家」プロジェクト。

杜の家

杜の家

昨年末にご契約いただき

年明けに着工、そして上棟を終え

このGW期間中に見学会を実施する運びとなりました。

詳細は今週末にこのブログ+ニュースにてお知らせいたします。

場所は阪急 宝塚山手台。

 

プラン説明会

スライド1

会   場  阪急宝塚山手台販売センター

日   時  3月6日(日) 13:00~13:45

参 加 費  無料

発 表 者  grow design 若井義治

定   員  4組 (ご予約いただいた方から優先いたします。)

お問合せ  阪急宝塚山手台販売センター 0120-8923-25

※発表会後、ご希望の方は個別に住宅相談をさせていただきます。お気軽にお声かけください。(無料)

「難関校に行く子は、リビングで勉強していた。」という話、聞いたことありませんか?子どもはもともと集中するのが苦手で、家族と一緒の空間なら、リラックスできて集中力も高まるのだそうです。発表するプランではダイニングを子どもの勉強スペースとして提案。キッチンで過ごすママを中心に、お子様の成長を温かく見守る空間になりました。

発表会では間取り図などを用意して、設計のポイントをわかりやすく説明させていただきます。

2016.03.01/NEWS & BLOG

間取りのワークショップ開催!

間取りを相談しようと思っても、なかなか相手に伝わりにくいものです。それと一番気づかないことは、自分がどうしたいのか頭の中が整理されていない時があります。

間取りパズルで、自分の頭を整理してみませんか。パズルで手を動かしながら僕たち建築の専門家とお話ししていると、自分が求めている暮らし方や生活スタイルが自然と口から出てきます。それをパズルで並べていきます。頭の体操!ってくらいで、軽~い気持ちでご参加ください。答えは一つではないので、何度も崩しては、並べているお客さんもいらっしゃいました。行き詰ったら、僕たちがアドバイスさせていただきますので、ご安心ください。

DSCN3159

写真は、前回に来場された方の間取りの参考例です。このように自分で考えられた間取りは写真に撮って、今後の家づくりの参考にしていただけます。

また、具体的な敷地にプランを入れることができます。より具体的に検討されている方にもオススメです。

間取りパズル ワークショップ

会場  阪急不動産 彩都インフォ*ミュージアム

日時  11:00~16:00頃まで

1/30(土) Y’s design 沖 裕輔・近藤晃弘建築都市設計事務所 近藤晃弘・MORII DESIGN WORKS 森井 浩一

1/31(日) 無双建築研究所 井ノ上 康晴

2/6(土) 近藤晃弘建築都市設計事務所 近藤晃弘

2/7(日) MORII DESIGN WORKS 森井 浩一

2/11(祝) 無双建築研究所 井ノ上 康晴

2/13(土) Y’s design 沖 裕輔

2/14(日) grow design 若井義治

 

2016.01.18/NEWS & BLOG

新年のごあいさつ

阪急不動産

1月9日に住まいの杜のメンバーは、阪急宝塚山手台と阪急彩都へ新年のご挨拶に伺いました。昨年末にホームページをリニューアルし、その感想なども伺いながら今年の阪急不動産への住まいの杜の関わり方などをお話ししました。土地の販売時期に合わせた間取りプランや月に一度のイベントやセミナーなどなど。。。

阪急不動産というスーパーブランドに対し、今までよりもっともっと積極的に関わっていきたいと思っています。

写真は元日の新聞広告です。

昨年から数棟のお施主様とお話をさせていただき、具体的に設計に進んでいるものやプレゼンテーションをさせていただいているものなどございます。こちらのワークスやニュースに報告させていただければと思います。

2016.01.13/NEWS & BLOG

あけましておめでとうございます

年賀2016

 

新年あけましておめでとうございます。モリイデザインワークス森井浩一です。

一昨年から建設会社の働き手が東京や東北に流れ、大阪では人手不足や建設費の高騰などで仕事が滞っているようです。昨年の大阪では仕事が無いわけではなく、流れが悪くなっているように感じました。

ならば。。。と今年する事は。。。昨年に引き続き、流れを良くすることですね。裾野を広げる事を考えながら新しいステップを踏み出し仕事に向きあう年になりそうです。

今年もよろしくお願いいたします。

2016.01.04/NEWS & BLOG
2 / 3123